忍者ブログ

【旧】てあてやブログ -アロマオイル整体&エサレンボディワーク

Home > お気楽自己紹介・旅編

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2回目の海外旅行~韓国~旅行回想記(3)

 お気楽自己紹介・旅編、今回は、2回目の海外旅行で行った韓国です。


大学2年のときに韓国人留学生と共に韓国を回りました。
テジョンで万博が行われていたのでそれを見てきました。
1993年なので、20年前ですね。自分も年を取ったものです。


万博では、どこかの国のパビリオンで風車の展示物がありました。
その国の係りの人(たしか白人女性でした)が説明していたのですが、韓国語でも風車は漢語由来のようで(プンチャ)、日本語の風車と発音が似ていたので、「日本語ではふうしゃと言うんですよ」と説明した覚えがあります。


日中韓そして東南アジアなど、中国周辺国は伝統的に漢字を使っています。
漢字は表意文字でわかりやすいですし、便利だと思います。
「中国語を東アジアの共通語に」という気持ちはありませんが、漢字をもっとうまく活用すれば東アジアでは便利になるのにと思います。
しかし、現実は日本を除いてどこも廃止する方向のようですし、日本も漢字について重点を置いてはいないようです。
なんだかもったいない気がします。


ソウルでは韓国人留学生のお宅に泊めさえてもらいました。ホームステイですね。
家庭料理はどことなく日本食と似ているのですが、基本的にどれも辛い味付けやキムチがついてくるのが韓国流でした。
実は、私は辛いものが食べれないんです。なので、ご飯に海苔や卵で食べていました。


留学生の友人が訪れてきて、「この映画を見て欲しい」とのことなので一緒にビデオを観ました。
「金の戦争」という映画です。
内容は在日韓国人が日本で起こした監禁事件についてです。

彼(留学生の友人)がなぜ僕たちにこの映画を見せたかったのでしょうか。
事件を知ってもらいたかったのか、事件について私たち日本人の意見を聞きたかったのか、事件について彼ら韓国人の意見を聞いてもらいたかったのか。

その時何を話したか、もうまったく覚えていないのですが、彼らと一緒にビデオを見て語り合って「交流」したのは確かです。

会ったり話したり一緒に何かすることでお互いについて分かり合えることはたくさんあるはずです。
逆に、会わなくても話さなくてもお互いを分かり合えることもあるはずです。

大切なのは、わかりあおうという気持ちかなと思います。
残念ながら、その当時の若い僕にその気持ちがどこまであってどこまで行動できたのかはわかりませんが。

大学のときは留学生がたくさんいました。
たくさんいたのでそれを普通と思っていましたが、今となってはもったいないことです。
もっと交流しておけばよかったと思います。

(続く)

拍手[1回]

PR

初海外旅行~台湾~旅行回想記(2)

お気楽自己紹介・旅編の2回目は、初めての海外旅行についてです。


大学1年のときに台湾に行きました。
初めての海外で初めての飛行機でしたが、一緒に行った台湾人留学生に案内してもらえたし、大学の友達と集団だったので、困ることも不安になることも何もなく終始楽しかったと覚えています。


もう記憶があいまいなのですが、
たぶん、飛行機は成田発のノースウェストで、現地に夜遅くに着く便でした。今はなきノースウェスト。


台北の第一印象は「思ったより都会」でした。
勝手に小さな小さな街を想像していましたが、現実は、バイクは行き交いビルは高くて、のんびりしたイメージとは真逆でした。


知人宅のある新北投を拠点にあちこち回って、台南ではオネーチャンのいるKTVに連れてってもらい(気まずい時間だった)、嘉義では「知人の知人宅」にホームステイさせてもらったりと、ツアーでは参加できないことを体験できました。

私がその後もツアー旅行にはほとんど参加することはないのは、このときに自由旅行の楽しみを味わってしまったかもしれません。


台湾は、人が優しいし、食べ物はおいしいし、安全だしで、大好きな国です。
その後何度か行っていますが(たぶん7,8回)、何度行ってもまた行きたいと思える国です。
観光するところは多くないんですけどね。あの雰囲気が好きです。


加藤君の、台湾でまた食べたい料理TOP3

1位:朝に屋台で売られる、ハンバーガーと甘い豆乳
2位:スイカジュース
3位:魯肉飯

(っていうか、10位くらいまで順位はつけられないし、どれも食べたい!)

(続く)

拍手[2回]

初一人旅~穂高~旅行回想記(1)

私の大好きな「旅行」について書こうと思います。
連載する予定なので、昔から。


高校生のときに初・一人旅をしました。
青春18切符で夜行列車に乗って名古屋から東京に行きました。
その時はまだ「ムーンライトながら」ではなく、ボックス席の普通電車。けどそれが夜行列車ぽくて好きでした。
その車中に(確か)九州から乗ってきた不良(ガラの悪い2人組)に絡まれました。
面倒くさかったのですが、どうやら無賃乗車だったらしくて途中で車掌に追われてどっかに行っちゃい助かりました。


東京では池袋に泊まったのは覚えていますが、あとはどこに行ったのかさっぱり覚えていません。
田舎の高校生には池袋は怖い街でした。(確か西口のビジホ)


東京からは軽井沢に行き白糸の滝を見て、小諸に行き、穂高のわさび農場へ。

このわさび農場と駅からの道のりは、本当に景色がきれいで今でも覚えています。
もう20年以上前のことなので、記憶も確かではありませんし、環境も変わってしまったかもしれません。
変わっていても仕方ないと思います。
だけど、あの時に見た空、北アルプス、澄んだ小川、そして木々や草の色。まさしく絵葉書のようでした。
あのまま残っていて欲しいと思います。
http://www.daiowasabi.co.jp/
もう一度見たいと思いつつも未だ行けずじまいです。
行こうと思えば行けるはずなんですけどね。


(続く)

拍手[2回]

プロフィール

HN:
てあてや
HP:
性別:
男性

カテゴリー

最新記事

(01/01)
(05/26)
(05/26)
(05/06)
(05/06)
(05/02)
(04/30)
(04/27)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/10)
(04/04)
(03/28)
(03/25)
(03/23)
(03/23)
(03/23)
(03/18)
(03/16)
(03/14)
(03/09)
(03/04)
(02/29)
(02/28)

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

ブログ内検索

次に読みたい本・気になっているもの




カウンター