忍者ブログ

【旧】てあてやブログ -アロマオイル整体&エサレンボディワーク

Home > > [PR] Home > 2016年2月エサレン研究所&CA旅行記 > ディープボディワーク -エサレン研究所・CA旅行記(6) -エサレン編

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ディープボディワーク -エサレン研究所・CA旅行記(6) -エサレン編

今回、一人でエサレン研究所に行こうと思ったのは、「ペリー(先生)」から「ディープボディワークとエサレンマッサージ」を「エサレン研究所」で学べるのが理由でした。


以前、日本でペリーのディープボディワークを習ったことがあるのですが、私はこのテクニックがとても好きです。
そして、今回のワークショップは「ディープボディワークとエサレンマッサージの統合 (The Integration of Esalen Massage in Deep Bodywork)」(←訳は自信無し)なので、まさしく自分が学びたい内容でした。
それをエサレン研究所で学べるのですから、素晴らしい組み合わせです。

 
ディープボディワークとは、その名の通り、ディープに(深く)行っていくボディワークです。(ボディワークの意味することはいくつかありますが、「整体」や「マッサージ」のように「体や心に働きかけること」のような意味で捉えていただければよいかと思います)


「深く?」と思われるかもしれませんが、深くという表現が一番適していると思います。
「痛く」するのとも「強く」するのとも違う、体の奥深くに入って働きかけるのは、他のテクニックとは似て異なる部分だと思います。


狙った筋肉(や組織)に対して、ゆっくりと深くストロークしていくのですが、これが本当にゆっくりです。

ゆっくりゆっくり進んでいき、時には筋肉が「開く」のを待っていると、動いているか止まっているかわからないくらいのスピードになっていきます。これをしている時、そして受けている時の感覚がディープボディワークならではです。


筋肉が「開いて」いるかは、自分が当てている肘や前腕や指で感じ取るのですが、それもなかなか難しい。
自分は、(一般的な)人よりは肘や前腕を多く使っているので、感じ取れる気でいましたが、なかなかできないものです。
早く、肘センサーの精度をあげたいものです。


大好きなディープボディワークですが、ちょっと困ることがあります。それは時間がかかることです。
先日、4時間コースのお客様の時に、ワークショップで習ったことを実践してみたのですが、4時間でも時間ぎりぎりになってしまいました。
なので、実践的な方法としては、全身ではなく、ターゲットとする部位にだけディープボディワークを行うことですが、(90分や120分などの)短いコースでも、うまくエサレンマッサージとディープボディワークを組み合わせてしていけるようになりたいなと思っています。



拍手[1回]

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
てあてや
HP:
性別:
男性

カテゴリー

最新記事

(01/01)
(05/26)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(03/28)
(03/25)
(03/23)
(03/18)
(03/16)
(03/14)
(03/09)
(03/04)
(02/29)
(02/28)
(02/27)
(02/27)
(02/20)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/15)

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

ブログ内検索

次に読みたい本・気になっているもの




カウンター