忍者ブログ

【旧】てあてやブログ -アロマオイル整体&エサレンボディワーク

Home > > [PR] Home > 日記/読書・映画・観劇感想(仕事以外) > 「希望の翼~あの時、ぼくらは13歳だった~」

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「希望の翼~あの時、ぼくらは13歳だった~」

希望の翼~あの時、ぼくらは13歳だった~

http://www.tvk-yokohama.com/tsubasa/


テレビドラマはほとんど見ないのですが、とあるところで評判を知り、このドラマを見ました。

あらすじは、日本統治下の朝鮮半島で同級生であった日本人と朝鮮人とが大人になってから再会し、文化交流をするというものです。


日韓(朝)は、今も昔もお互いの国に嫌悪感を持つ人がいるのは確かでしょう。私自身はそのつもりはありませんが、現実的には差別もあります。
それゆえ、どうしても「壁」を感じがちな日韓(朝)関係ですが、人々の交流にはその壁を壊す可能性があるいう内容のドラマでした。

日本側が製作したからか、戦争時の悲惨なシーンや加害者・被害者的な描写は少なく、見る人によっては「日本統治を美化している」と取る人もいるんじゃないかと思うくらいですが、残虐なシーンが苦手な自分には見やすくてよかったです。
そもそも、戦争ではなく人々の交流がテーマですし。

辛口に言えば、ドラマ自体は「おもしろいから見て!」という感じではありませんでした。
全体的に間延びした感じで(←暴言すみません)、劇的な展開もなく「ドラマチック」ではないのですが、ドキュメンタリドラマですからそれは仕方ないでしょう。
けど、見てよかった作品です。
自分としては、ドラマの描写そのものより、「この時にこの人はどう考えていたのか?」と「行間を読んだ」作品でした。


これはテレビ神奈川の製作です。
このドラマの原作本の著者がテレビ神奈川の社員だったからでしょうが、大手のキー局がこういうドラマを作れたかというと疑問を感じます。
こういうテーマのものにはスポンサーを見つけるのも大変でしょうし、企業である以上ビジネスになるかどうかとか、他との兼ね合いも出てくるでしょう。

私は普段テレビ神奈川を見ませんし(実際にはBSTBSで見た)、今回このドラマを見ても1円も貢献できませんが、良い作品を作ってくれたお礼にブログで紹介することにしました。


政治の世界ではいろいろありますし、過去にもいろいろありましたが、これからはより良くなることを願います。

拍手[0回]

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
てあてや
HP:
性別:
男性

カテゴリー

最新記事

(01/01)
(05/26)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(03/28)
(03/25)
(03/23)
(03/18)
(03/16)
(03/14)
(03/09)
(03/04)
(02/29)
(02/28)
(02/27)
(02/27)
(02/20)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/15)

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アーカイブ

ブログ内検索

次に読みたい本・気になっているもの




カウンター