忍者ブログ

【旧】てあてやブログ -アロマオイル整体&エサレンボディワーク

Home > 日記/読書・映画・観劇感想(仕事以外)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

英国王のスピーチ

沙羅曼蛇みたい・・



ハワイのキラウウェア火山が噴火しましたね。
去年、ハワイ島に行ったときは10日ほどいたのに火山には行けませんでした。
マグマが噴出しているのをテレビで見たら、無性に実際の火山を見たくなりました。
行きたいなぁ・・・
というか、噴火中に行っても立ち入れないですよね?




映画「英国王のスピーチ」を見てきました。
今年5回目の映画。

見終わった直後は「まあ、おもしろかったね。75点。」というぐらいの感想だったのですが、後になってから幾つかのシーンが思い出されていろいろと考えてしまいました。
派手さはありませんが地味にいい映画だったなというのが後からの感想です。


僕がこの映画で思った事

・主人公の吃音(どもり)を治す人が出てきますが、彼は「スピーチセラピスト」であって「医師」ではありません。
(※スピーチセラピストは「言語聴覚士」と訳されています。言語聴覚士は今の日本では国家資格ですが、たぶん映画の中では国家資格ではなく民間療法というような印象を受けました)

劇中、主人公もその周りの人物も、セラピストではなく医師に治療を頼もうとするシーンが何度か出てきます。
肩書きだけを当てにしてしまうのは、日本もイギリスも同じようですね。
たとえセラピストに深い情熱や数々の実績があったとしても、医師というお墨付きを得た権威のほうが偉いと妄信されているのでしょう。

だが、セラピストとクライアント(主人公)との人間関係が深まり結果も伴ってくると、そこに二人の絆のようなものができてきます。
僕にはこのシーンがすごく印象的でした。

自分は国家資格はない(ついでにいうとセラピストでもない)ですが、この映画のセラピストのように確固たる信念と確かな実力をもちさえすれば、何かの権威にしがみつくことなくプライドを持って仕事に当たれるんだなと勇気付けられました。
また、セラピストは「対等な関係性」や「信頼関係」を築くことを大切にしていました。
「セラピー」という言葉の重みを感じる映画でした。

拍手[0回]

PR

ヒアアフター

相変わらずですが、日記がご無沙汰になってしまってすみません。

【ちょっと業務連絡】

昨日も書いたのですが、私の仕事用のアドレス(mail@teateya.jp)からお客さんにメールを送っても届かないということが最近多発しています。
しかも、予約メールフォームからの自動返信メール(server@sekkaku.net)は届いているのに、です。

どうやらau携帯電話のサーバーに僕のドメインは迷惑メール扱いされているようなのですが、僕ってそんなに迷惑なんでしょうか・・・(泣)

とにかく一番困るのは、auはメール不着時にエラーメールを返してくれないこと。
これって世界的にはよくある仕様なんでしょうか。

とりあえず、基本的に僕は皆さんからのメールにはお返事を出していますので、返信が無い時は催促メールをしてくださいね。




映画「ヒアアフター」を見てきました。
今年4度目の映画。例年になく多く見ています。
見た感想は、すごくよかったです。
見に行ってよかった映画でした。


クリントイーストウッドの作品はグラントリノとこれの2本しか見たことないのですが(もともと映画はそんなに見ないのです)、
どちらもよかったです。彼の作品は名作が多いのかな?


映画の最後は「え!ここで終わるの?!」という感じで、終わりじゃなくてここでインターミッションが入って後半が欲しいくらいでした。

だからといって中途半端な感じがあるわけではなく、
「あの後主人公はどうなるんだろう?」とか「あの子供はその後どうなるんだろう?」と自分の中で物語を想像する楽しみがあり、
エンドロールの間は余韻に浸っていました。


「死んだらどうなるか」とか「来世はあるのか」というのに答えがあるのでしょうか?

地球や宇宙について科学的に解明しようとする学問があるのに、人間の死や来世となるとどうも怪しく捉えてしまいがちです。

ま、僕も来世とかに興味があるわけではないのですが、雲黒斎の本を読んだときにきっとそうなんだろうなと素直に信じてしまいました。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4763130536
あの世に聞いた、この世の仕組み  雲 黒斎:著
全然怪しくなくて面白く読めますよ




このCM笑えます
何度見ても面白い!
http://www.youtube.com/watch?v=zv750BWrUhY

拍手[0回]

Gorillas are vegetarians.【迷える者の禅修業】

カボチャは英語でpumpkinだと疑うことがありませんでしたが、pumpkinは皮がオレンジ色のカボチャ。
日本の緑色の皮のカボチャは英語でsquashだそうです。
ひえぇぇ。栗が英語でマロンじゃなかったのと同じくらいショックでした。

ところで、関西ではカボチャのことをナンキン(南京)と言う話を聞きましたが本当でしょうか?




僕が勉強しているNHKの英会話。
なかなかわかりやすくて楽しいのですが、こんな例文がありました。

Gorillas are vegetarians.

ゴリラは本当にベジタリアンなんでしょうか?そっちのほうが気になりました。




【迷える者の禅修業】 ネルケ無方:著 新潮新書

ドイツ人のお坊さんのお話。
日本に来て仏道を志し、過酷な自給自足生活や、理不尽なシゴキというかイジメにあったり、ホームレスになったりと修行をして住職になる過程が書かれています。

聖職者というと尊敬に値するすばらしい人を想像しますが、この本を読む限りではそうとも言えず、むしろ俗世間とまったく同じだなと感じました。(ネルケさんは素晴らしい人ですよ)
理不尽なシゴキをイジメと捉えるか修行と捉えるかは本人次第。
そして、生き方そのものをどう捉えるかも本人次第で、それの指針となるものが仏教であると書かれています。

お寺や仏教というと葬式と観光参拝くらいでしか僕は関わっていませんしそういう人も多いとは思いますが、せっかく日本の文化として長く関わっている仏教を少しは知っておかないともったいない気がしてきました。

http://news.livedoor.com/article/detail/4529578/

拍手[0回]

Burlesque

無性にゴダイゴが聞きたくなりました。
ネットで見ていたら英語版のCDがあるのを発見。知りませんでした。
ついつい買ってしまいました。
ゴダイゴっていい曲が多いですね。聞き入っています。


http://www.youtube.com/watch?v=SDKH8R8I6_w




定休日の火曜が映画の日だったので「バーレスク」を観て来ました。
今年3本目の映画です。

この映画はあまり話題にならなかったような気がします
(が、映画に疎いので実際はどうなんでしょう?)

期待しないで観に行きましたが、思ったより良かったです。

もともとミュージカルのような作品は好きなのですが、難しいストーリーはなく歌って踊ってを楽しめる気持ちのよい作品でした。
内容がちょっと「浅い」かなという気もしますが、これくらいのほうが単純に楽しめます。

クリスティーナアギレラって名前は聞いたことあるけどよく知らないなと思っていましたが、実は歌の上手なセクシーオネエさんでした。
けど、こんなに露出していいんでしょうか。子供に見せられません。


http://www.youtube.com/watch?v=QyMK78jAi8A




facebookで大学の同級生と再会(?)しました。

彼女は日本語教師をしていますが、「思った以上に良かった」と「思ったより良かった」はどう違う?と質問してきました。
むむむ。。。なかなか難しい。

ちなみに、バーレスクは「思ったより良かった」と答えますね、僕は。




映画帰り、お昼ご飯にとハンバーガー屋さんに入りました。

ハワイからきたそのお店はゆったりとした感じです。
だけどお昼時だったので、レジは並んでいてなかなか進みません。
イライラ。。。
なのに後から来た人に割り込まれます。
イライラ。。。
ようやく注文できたのですが店員さんはゆっくりのんびりです。
さらにイライラ。。。

ダメ!ダメ!と自分に言い聞かせました。
たぶん同じことでもハワイにいたら許せてしたはず。
なのになんで日本だとこんなに心に余裕が無くなるんでしょう。
時間にしたら10分も変わるわけではないのに。
いけませんね。
というか、ハワイに行けってことかなぁ。。。(笑)

拍手[0回]

The Social Network

映画「ソーシャルネットワーク」を見てきました。
今年2回目の映画です。

実はあんまり期待しないで観に行きました。
ひねくれ者の僕は「なんだかんだ言って結局のところfacebookの広告的内容なんだろうな」とうがった見方をしていたのですが(最近そういうテレビ番組が多くてちょっと辟易なんです)、彼を取り巻く人間関係は見応えありました。

「感動する」とか「考えさせられる」という感じではなかったし、人に勧めるという気もあまりないけど、それなりにおもしろかったです。
なんだか酷評みたいな表現ですね。いやそんなことありません。平日モーニング割引の1200円を払う価値はちゃんとありました。

僕の感想
世の中を「振り回す人」と「振り回される人」に分けられるとしたら、やっぱり「振り回す人」のほうが強いなと思いました。

ところで映画の中で、「"The facebook"というサイトの名前を"facebook"に変えたほうがいいよ」とありました。
英語一年生の僕にはこういうのが全然わかりません。
とほほのほ。
aとかtheとか本当にわかりません。。。

拍手[0回]

プロフィール

HN:
てあてや
HP:
性別:
男性

カテゴリー

最新記事

(01/01)
(05/26)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(03/28)
(03/25)
(03/23)
(03/18)
(03/16)
(03/14)
(03/09)
(03/04)
(02/29)
(02/28)
(02/27)
(02/27)
(02/20)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/15)

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

ブログ内検索

次に読みたい本・気になっているもの




カウンター