忍者ブログ

【旧】てあてやブログ -アロマオイル整体&エサレンボディワーク

Home > > [PR] Home > 日記/雑談など > 今年もありがとうございました

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年もありがとうございました

今年一年も終わろうとしています。
 
「2011年も良い年でした」というには憚られる出来事が多くありましたが、僕個人としては良い年であったと思います。ここでいう「良い年」とは「日々是好日」的な意味での「良い」です。
 
日日是好日(にちにち これ こうにち)とは禅の言葉で、「来る日も来る日も、(相対的ではなく)絶対的な意味で良い日だ」という意味だそうです。
 
日本の大震災、タイの洪水、トルコの地震など、それ自体はもちろん悲惨な出来事でしたが、自分の事などを改めて考え直したり、自分の置かれている幸せな状況を再確認させてくれたのも事実です。そういう点で意味深い一年でした。
 
今年一年も多くのお客様と出会えました。お友達(と僕が一方的に思う人)もできました。ありがたいことです。その一方で、疎遠になってしまった方、今年は一度も連絡が無かった方もいます。今年にお会いした方はお会いする必要のある方、お会いしなかった方は今年はお会いする必要の無かった方だったのかなと思います。もちろん良いとか悪いとかではありません。必然です。ちょっと「宇宙の法則」的な考えをしてしまいました。
 
今年1年間で自分が取り組んできたことといえば、英語とエサレンマッサージでしょうか。
 
英語の勉強は来年にまたアメリカのエサレン研究所に行くためなのですが、思ったより(思っていたとおり)はかどりませんでした。これじゃ今回も無口な男になりそうです。(もともと無口ですし)
 
エサレンは、2009年にコースに参加し、10年にプラクティショナーの認定を受けました。自分のエサレンはまだまだです。いつかは自信を持ったエサレンプラクティショナーになれると思いつつ、試行錯誤の毎日です。しかし、きっといつまで経っても満足することもないだろうし、そろそろHPにメニューとして載せようと思っています。(今まではこっそりとやっていました)
メニューに載せるということは、自分の中で区切りをつけることです。もうそろそろ未熟だという言い訳もしないようにしなくてはいけません。
 
そんなわけで、1年間それなりに目標を持って過ごせたので、僕にとっては良い年でした。
しかし、反省することが多いのも確かです。

一番は、忙しいのを言い訳にして(本当に忙しかったわけではなく)、ブログなどの更新を怠っていたことです。
ブログを書くことで、自分の気持ちを再確認したり、お客さんにそれを伝えることを今まではしていたのに、それをおろそかにしてしまっていました。

よく、「観葉植物は愛情を欠かすと枯れる」と言いますが、そういうことだと思います。植物は勝手に育つかもしれませんが、それに甘えて放っておくと、気づいたときには枯れちゃっている。ブログサボりはそれを予感させます。
 
先日、とある人のブログを読みました。その人はマッサージで開業したばかりで、自分の目標とする施術や、理想や、現状の問題点や改善点などをブログに書いていました。
それを読むと、その人のやる気というかエネルギーみたいなものを感じます。

開業した頃の自分はきちんとこういうことができていたと思うのに、最近は欠けています。
「観葉植物が枯れてしまう」前に何かをしなくてはいけません。
 
長々と自分の思ったことを書いてしまいました。

今年一年が良かった人も悪かった人もまあまあだった人も、みなさまが良いお年をお迎えできることを願っております。
今年一年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

拍手[0回]

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
てあてや
HP:
性別:
男性

カテゴリー

最新記事

(01/01)
(05/26)
(05/26)
(05/06)
(05/06)
(05/02)
(04/30)
(04/27)
(04/27)
(04/14)
(04/10)
(04/10)
(04/04)
(03/28)
(03/25)
(03/23)
(03/23)
(03/23)
(03/18)
(03/16)
(03/14)
(03/09)
(03/04)
(02/29)
(02/28)

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

ブログ内検索

次に読みたい本・気になっているもの




カウンター